お手入れの習慣づけ

ウィッグを傷つけないで丁寧にお手入れすることが大切です。

 

意識として必要なのは

ブラッシングは決して逆立てたりしないで毛流にそってすること。

普段から汚れやほこりを落とす習慣をつけることです。

ウィッグを外した後にブラッシングするのはとても大事です。

 

定期的にすすぎ洗いを行うことが大切です。

ぬるま湯(これが結構重要)でウィッグを浸していきましょう。

だいたいウィッグ全体がしっかりと浸されるぐらいの量を用意しておきます。

 

そしてウィッグを洗います!

普段使っているシャンプーやトリートメントで大丈夫ですよ。

しかし、ここで柔軟剤をつかうのがポイントです!

 

柔軟剤がしっかりと浸透したら水をよく切ってください。

そのあとーなどで乾かしていくとこれでごわつきを防ぐことが出来ます。

 

乾かしたら、1日自然乾燥してください。

 

いかがでしょうか?

 

きちんと手入れするだけで、もちが全然変わってきます。

キレイな髪で一時を過ごしましょう。

Leave a Reply