ヘアスタイルの失敗から似合うスタイルを学ぼう

生まれてから今まで、女性なら一度は髪型の失敗をしたことがあるのではないでしょうか。
雑誌を見て人気のモデルさんと同じスタイルにしようと思ったら、全く違うイメージになってしまうことも多々ありますよね。
無難なヘアスタイルで一生過ごすのは女性のオシャレ意識に欠けてしまうので、失敗を回避しつつ新しいスタイルにチャレンジしてみてください。

ここで、失敗例と対策をあげていきたいと思います。

近年若い女性から大人の女性にまで広い世代に人気のショートボブは、失敗すると悲惨です。
髪質の影響を受けやすく、硬い髪で切りっぱなしなら金太郎みたいに、髪が柔らかくて少ないのに毛先を軽くし過ぎるとペッタリと頭の形に同化して貧相なイメージになります。
そこで、硬い髪の人は好みのボリュームまで軽くし、髪の少ない人は思い切って外はねカールがお勧めです。
更に、顔の大きさや形、首の長さまでも考えてボブの長さを考えると良いでしょう。
なかなかかっこいいボブにならないのは首の短い人です。
中途半端な長さにすると更に首が隠れて短く見えるので、ショートではなく肩より長いミディアムにしてしまうとか、首がしっかり見えるようにぎりぎりまで短くしてしまうのも良いでしょう。

顔を小さく見せたいなら、サイドの髪が重要です。
顔周りの髪で頬や顎が隠れたら、顔のサイズのイメージはかなり変わります。
反対に顔が小さい人は比較的何でも似合いそうですが、顔の一部を隠してしまうと暗いイメージになりますから、サイドはすっきりと顔をしっかり見せてしまいましょう。

あっ!この髪型に合わないと諦める前に、髪の量や長さで調整してみると必ずフィットするスタイルが見つかるはずです。

Leave a Reply