夏はウィッグをしっかりお手入れ

近年ウィッグは、気分によってロングヘアもショートヘアにも簡単にイメチェンできる便利なアイテムで、アクセサリー感覚で使用する人が多くなりました。
品質の良い高価なものから、手軽に試せる安価なものまで、選択肢も広いです。
ウィッグに慣れると真夏の暑い季節でも手放せないんですよね。
記録的な暑さが続いている現在ですが、真夏はいつも以上にしっかりとウィッグのお手入れをして、快適に使用しましょう。

ここで、真夏にしっかりとやりたいお手入れ方法をご紹介します。

まずは汚れの原因になる汗や皮脂からウィッグを守る方法として、インナーキャップを使用して時々取り替えるのが良いでしょう。
汗による蒸れは、自宅に帰ったら必ずウィッグを裏返して消臭剤を吹きかけて干すようにします。
ウィッグ用の消臭剤もありますが、家庭用の消臭剤でも有効です。
汚れも気になるようならば、固く絞ったタオルなどで拭き取ってください。
また、しっかりとシャンプーしたい場合は、ウィッグの素材に気をつけて行ってください。

真夏は自毛と同様にウィッグの毛も熱や紫外線によるダメージを受けます。
人工毛は熱によって縮れることがありますし、人毛の場合は色が明るくなってしまいます。
帽子などでダメージを予防するとともに、洗い流さないトリートメントを使って毛を保湿してあげることも大切です。
もしも大きくダメージを受けてしまったら、それなりに品質の良いウィッグなら毛の植え替えなどのメンテナンスや加工が可能な場合があります。

お手入れを怠らず、真夏でもウィッグのお洒落を楽しんでくださいね。

Leave a Reply