ヘアケアの基本である保湿について

秋における髪の状態は、夏の紫外線によるダメージ、そして秋の乾燥によるダメージで最も傷みやすい時期です。
近年は、自分で上手にスタイリングをして素敵な髪型の人が増えましたが、日常的に髪を労わっているのでしょうか。
せっかく毎日髪に手を加えているのですから、しっかりとケアもしてあげてくださいね。
通年で髪のダメージの原因とされるのは乾燥です。
ヘアケアにおいて保湿は基本中の基本ですから、常に心掛けておくようにしましょう。

ここで、オススメの保湿対策をご紹介します。
まずはケアの前に乾燥しない習慣を心がけます。
ヘアカラーやパーマは痛みによって乾燥しやすくなりますので過度な施術は控えること、夏の紫外線は帽子や日傘で軽減させることができます。
そして日々の習慣として、摩擦を防ぐために洗髪後はゴシゴシとタオルでこすらないこと、ドライヤーやコテは適度な温度と回数でダメージを最小限にすることが大切です。

お肌のケアと同じく、髪にもオイルやクリームなどで保湿をしてあげます。
様々なケアアイテムが売られていますが、自分の髪質に合ったもの、季節に合わせたものを選んでください。
洗髪後のアウトバストリートメント、ドライヤーやコテを使う際のトリートメントなど、使用するタイミングも重要です。
そして、入浴時のトリートメントも定期的に行いましょう。
寒くなってくる季節はバスタブに浸かる機会も増えるでしょうから、トリートメントをするには最適です。
ぜひ洗髪後のひと手間、入浴時のひと手間を忘れないでくださいね。

Leave a Reply