髪の毛のイヤな静電気を防ぐ

湿気による髪のうねりに悩まされた夏がやっと終わると、秋冬は乾燥の時期になり静電気によるパサツキが気になるようになります。
乾燥はヘアスタイルがキマリづらいですし静電気によって顔にまとわり付いて不快、そして痛みの原因となりますのでしっかりと対策することが大切です。

ここで、これからの季節に取り入れたい乾燥による静電気への対策をご紹介します。

まずは、なぜ静電気が起きるのかを理解すると、対策も考えやすくなります。
静電気の原因としては、暖房などによる乾燥に摩擦が加わって発生します。
髪を梳かせばサラサラになると思いきや、ブラシ選びを間違えるとパチパチと静電気が起きて髪を痛めるのです。
また、もともと髪が傷んでいると水分量が少ないため、環境以前に髪の毛自体が静電気を発生しやすい状態にあるということです。

これらの原因を取り除くには、空気の乾燥については室内で加湿器などをうまく活用すること、髪を梳かすブラシについてはプラスチック製を止めて、季節を問わず豚毛のブラシやつげ櫛などを使うようにしましょう。
髪の痛みについては日常的なケアとしてアウトバストリートメントを使っている人が多いと思いますが、夏よりもしっとりしたタイプを選ぶなど、季節で変えることをお勧めします。
また、冬場はポリエステルやウールなどの静電気を帯びやすい素材の洋服を着る機会が多くなりますが、天然素材を取り入れることで静電気を軽減することができます。

静電気が不快な季節、ヘアケアも冬用にして美しい髪を保ってくださいね。

Leave a Reply