ワイズが合わない!ウィッグが小さい時の対処法

ウィッグは低価格で気軽に買えるようになった分、買った後にサイズが合わない事に気づくというのも多いです。
ネット購入や見た目だけで即買いした時に多い失敗です。
しかし、多少のサイズ違いならちょっとの工夫で普通に使えるのでご安心ください。

ウィッグが小さくて合わない時の対処法をご紹介します。
諦める前にまずは試してみてくださいね。

まずは基本中の基本ですが、地毛をまとめる際はしっかりと均一にネットの中に収めます。
サッと簡単にまとめてしまうと、一カ所だけ膨らんだりします。
ちょっときつい程度なら、丁寧なまとめ髪で快適なフィット感になるはずです。

それでもまだ窮屈ならば、ウィッグ自体をグイグイと伸ばしてみます。
ゴムは負荷をかけ続けると伸びてあまり戻らなくなりますから、あえてゴムをヨレヨレにしてしまうのです。

そして最後の手段は耳下などの目立たない箇所でほんの少し切込みを入れてみます。
あまり多くの箇所を切ってしまうと、必要なフィット感も無くなってしまうので注意が必要です。

同じ過ちを繰り返さないように、次の購入の際には丁度良いサイズを選ぶようにしましょう。
大雑把にS、M、Lのサイズ展開が多いですが、事前に自分の頭のサイズを把握しておくことが大切です。
また、アジャスターでサイズの微調整ができるウィッグもありますので、そちらを選ぶのも安心感があります。
サイズの合わないウィッグは窮屈で頭痛も引き起こします。
ジャストフィットのウィッグで、楽しくお洒落をしてくださいね。

Leave a Reply