アイロン使用でウィッグにもスタイリング

気軽に購入、使用することが多くなったヘアウィッグですが、ウィッグも地毛と同じようにちょっと手を加えれば、より自然に自分好みのスタイルで楽しめることをご存知ですか?
購入時には自分のイメージ通りのものを選びますが、いざ日常で使ってみると微調整をしたい部分が出てくるはずです。

ここで、コテやアイロンを使ってスタイリングが出来るウィッグ、そのスタイリング方法をご紹介します。

まずは、お手持ちのウィッグにアイロンが使えるのかという点ですが、ウィッグの材質によって異なります。
耐熱性の高さと価格はおおよそ比例しており、高価な人毛のものはもちろん地毛のように扱うことができます。
安価なウィッグの殆どは人毛が使われませんが、耐熱ファイバーを使ったウィッグなら熱に強く、コテやアイロンが使えます。
耐熱性の有無が判らない場合は、見えない内側の毛にちょっとアイロンを当ててみると良いでしょう。
非耐熱なら溶けたりなど変質します。
今後は、一度きりの使用と割り切る時以外は、耐熱性を確認してから購入すると良いですね。

アイロンの温度も本来はそれぞれウィッグによって違うはずですが、130度位で使用するのが安全です。
スタイリングの手順、方法は地毛と同じと思って良いですが、アイロンの使用前にはブラッシングで綺麗に整えてから始めます。
ウィッグを装着した状態で行うのがベストですが、後ろを巻くのが苦手な方はマネキンに装着しても良いでしょう。
綺麗に巻くコツは、丁寧にブロッキングをすることです。
焦らず少量の毛束を取って巻きます。
ストレートの場合も同じ手順です。

Leave a Reply