ウィッグの絡まりを取ってツヤツヤをキープ

ウィッグは簡単にサラサラなヘアが実現できますが、お手入れを怠るとボサボサになってしまいます。
地毛よりもお手入れが簡単とはいえ、きちんとケアしなければなりません。
どんどん絡んできてみすぼらしくならないように、絡まりを取る方法をご紹介します。

まずは人工毛のケア方法としては、粗めのコームで毛先からブラッシングしていきます。
人工毛は特に静電気が発生しやすいので、プラスチックではなく金属のコームを使用してください。
コームが引っかかったら、強引に梳かそうとせずに少しずつ絡まりをほどきながらブラッシングします。
コームでもブラシでも毛先から梳かすのは基本です。
絡まりが特定の箇所だけではなく全体に及んでしまっていたり、なかなかほどけない場合は、ウィッグ用のオイルスプレーを使うとコームが通りやすくなります。
綺麗に絡まりが取れたら、アイロンなどでまっすぐに整えて仕上げます。

以上は絡まってしまった場合の対処法ですが、使用する度にブラッシングをすれば、酷い絡みを防ぐことができます。
また、清潔に保つため、定期的にウィッグ専用のシャンプーで洗うことも大切です。
人工毛のウィッグは合成繊維で出来ているため、衣類と同じく洗った後は柔軟剤で仕上げてあげるとサラサラになり、絡み防止になります。

人毛ウィッグの場合も絡みの取り方は人工毛と同じですが、地毛と同じようにシャンプーの後はトリートメントなどでケアし、パサつきを抑えることが大切です。

Leave a Reply