ウィッグの寿命と長持ちさせるお手入れ

簡単にイメチェンができ、いつもツヤツヤの髪でいられるウィッグは、使い慣れるととても便利で手放せないファッションアイテムです。
特別なお洒落をする日じゃなくても、日常的に使っている人も多くいます。
しかし、せっかく自分にぴったりのお気に入りのウィッグも、洋服などと同じようにいつか寿命がやってきます。
いつまでもくたびれたウィッグをしているわけにはいきませんよね。
ここで、ウィッグの寿命と長持ちさせるための日々のお手入れについてご紹介します。

ウィッグの寿命は、一般的に毎日の使用で2年前後と言われています。
もちろん毎日使っていなくても、経年劣化もあります。
高価な医療用ウィッグは長年使うことを想定していますから、適切なお手入れで安価なウィッグよりはかなり長く使えます。

痛んできたサインは地毛と同じような症状で、色が抜けてくる、絡みやすくなる、抜け毛、縮れなど、そしてメッシュ部分が破損したりボロボロになるともう寿命でしょう。

安価なウィッグは簡単に買い換えられるのが利点ですが、とても気に入っていても買い替えの時に同じものが買えるとは限りません。
できるだけ長く使えるように、こまめにお手入れをしてあげましょう。
お手入れの基本はブラッシングです。
使うブラシはウィッグ専用ブラシが良いですが、普通のブラシでも静電気や摩擦が軽減できるものを選ぶようにします。
使用前はもちろん、使用後もブラッシングで絡みを取ってあげます。
清潔にするのも大切ですが、あまり洗うと痛むので、汚さない心がけも大切です。

ウィッグも地毛と同じように大切に扱ってあげてくださいね。

Leave a Reply