ウィッグの人工毛と人毛の違い

ウィッグの毛質には、人工毛と人毛があります。
購入する際にどの毛質にしようか迷ったらぜひ参考にしていただきたく、それぞれの違いをご紹介します。

人工毛は、その名の通り人工的に作られた毛です。
素材は化学繊維(ファイバー)で、最も安価なウィッグになります。
ファッション性が高く、アクセサリー感覚で気軽に購入、使用することができます。
様々なカラーがあるので、コスプレや奇抜なカラーを楽しみたい時にぴったりですし、形状記憶で購入した時のスタイルを長く保てることがメリットです。
しかし、形状記憶ゆえにスタイルを変えるのが難しいというデメリットはあります。
アイロンやコテを使えるか否かは、購入の際に耐熱または非耐熱なのかと耐熱温度を確認してください。
安くてお洒落なスタイルを楽しみたい時には、人工毛ウィッグがお勧めです。

人毛ウィッグは自毛と同じような扱いができます。
全て人間の毛を使うため人工毛のように大量生産ができない分、高価になります。
当然ながら本物の髪の毛なので、手触りはもちろん見た目の自然さはピカイチです。
カラーはあまり明るい色は無いですが、普通のカラー材で染めることも可能です。
自毛のようにクセやうねり、湿気に左右されることがありますので、自らスタイリングする必要があります。
アイロンで伸ばす、コテでカールする、カーラーで巻くなど、自由にスタイルを変えることができるというメリットがあります。
日常的に着用する方や、きちんと手入れやスタイリングのできる方には人毛ウィッグがお勧めです。

そして、人工毛と人毛の良いとこ取りのミックスもあります。
それぞれの特性を理解して、ウィッグ選びをしてみてくださいね。

Leave a Reply