ウィッグのアンダーキャップとネットの選び方

ウィッグは、様々なヘアスタイルに挑戦できる便利なアイテムですが、その着用には下準備がとても重要です。
より自然に仕上げるには、自毛をしっかりとまとめなければなりません。
その髪をまとめる時にアンダーキャップやネットが必要となります。

ウィッグ着用時の必須アイテムであるアンダーキャップとネットは、何が違うのでしょうか。
もちろん用途は同じですが、形状や使い心地が異なります。
アンダーキャップはすっぽりと被る水泳帽のような形のものです。
ぴったりと安定感がありますが、あまりきついと頭痛につながることもありますので、伸縮性は要チェックです。
ネットは頭頂部を閉じていない筒状のネットです。
ネックウォーマーのように首まで下ろしてから頭にフィットさせます。

キャップかネットかの選択は好みによりますが、自毛がショートの場合は均等に髪を押し込みボリュームを抑えるだけなので、キャップが簡単です。
一方、自毛がロングの場合は毛量によって必要なフィット感が異なりますので、サイズの柔軟性があるネットタイプを使うと良いでしょう。
キャップもネットも被らないでそのままウィッグを装着する人もいますが、髪をまとめる為だけではなく、ウィッグがズレないようにする為にもインナーの使用をお勧めします。

インナーキャップは脱毛によるウィッグ着用の方も広く利用しているため、素材の種類がとても豊富にあります。
特に夏場は暑さや汗対策として、冷感素材のキャップが人気です。
適切なインナー選びで快適なウィッグファッションを楽しんでくださいね。

Leave a Reply