ウィッグを使って小顔見せ

少しでも顔を小さく見せたいのは多くの女性の心理ですよね。
カットやパーマで小顔に見せることもできますが、ウィッグを使うともっと簡単に小顔効果のあるスタイルを作ることができます。
ここで、ウィッグを使った小顔見せの方法をご紹介します。

小顔に見えるスタイルの大原則はひし形です。
トップを立ちあげる、ウェーブで毛先をふんわりさせるなどで理想のスタイルが作れます。
髪が柔らか過ぎてすぐにペタンとしてしまう人は、髪の中間や毛先はアイロンなどでふんわりさせてキープできますが、トップはなかなかボリュームが出せませんよね。
そこでお勧めなのが、つむじ用のポイントウィッグです。
特に馴染みやすいのはショートからセミロングくらいの長さのスタイルで、ウィッグでトップをふんわりさせ、中間にボリュームを出すようにウェーブを作りスタイリングします。
もちろん、ひし形スタイルのフルウィッグを使うのも良いですよ。

全体のヘアスタイルも重要ですが、実は印象として目立つのは前髪です。
人と話すときは目を見ますから、当然前髪は常に視野に入ります。
小顔に見せたいならば、残念ながら短いパッツン前髪はNGです。
幅が狭く長い前髪が鉄則で、高い位置から前髪を作るのが良いです。
そこで、サイドの髪も付いた前髪ウィッグをお勧めします。
特に顔が丸見えになると敬遠しがちなお団子のまとめ髪に使うのが効果的です。
高い位置に作ったお団子で、ウィッグの付け根を隠してしまえばとても自然になります。
もちろん髪をおろして装着しても、顔の露出部分が少なくなって小顔に見えます。

ウィッグは扱いが慣れれば簡単にイメチェンが出来るので、ぜひ積極的に取り入れてみてくださいね。

Leave a Reply