ウィッグのセルフカットのコツ

憧れのスタイル、好みのスタイルのウィッグを購入したけれど、いざ装着してみると前髪の微妙な長さや細かい箇所がしっくりこないなんてこと多々ありますよね。
そんな時はウィッグをカットして調整してみてはいかがでしょうか。
美容室でもカットしてくれますが、安価なウィッグなら思い切ってセルフカットをお勧めします。
ここで、ウィッグカットが上手に仕上がるよう、基本のポイントをご紹介します。

最もカットしたくなるのは前髪ですよね。
マネキンやスタンドに被せてじっくり切るのは安心感がありますが、顔とのバランスが大切ですからできれば自分の頭に装着して行うのがベストです。
まずは切らない部分と前髪を分けて、切らない髪をダッカールで留めます。
元の前髪よりも厚くしたい時は多めにすくいましょう。
前髪を丁寧に梳かし、クセが付いていたらアイロンなどで伸ばします。
前髪を半分くらいすくい、ダッカールで留めていよいよ切っていきます。
髪を下に向けて指で挟み、ハサミを縦に入れながら少しずつ切ります。
一気に切りたくなりますが、少しずつです。
切り終えては髪を梳かし、長さを調整していきます。
内側の髪を切り終えたら、留めてあった上の部分をおろして櫛で馴染ませ、内側の髪の長さに合わせて同じく縦にハサミを入れながら切ります。
どうしても不安な方は、すきバサミが便利です。
すきバサミは少しずつしか切れませんので、大きな失敗はしづらいですよ。

購入時の微調整はもちろん、飽きてきたウィッグをバッサリと短くするのも良いでしょう。
共通するポイントは、とにかく焦らず少しずつ切ることです。
ウィッグのお洒落を存分にお楽しみください。

Leave a Reply