ウィッグにカールをつける方法

ウィッグには長さや髪色の他、ストレートやカールといった形状の好みも選ぶときのポイントとなります。
しかし、いくら気に入って購入しても飽きてきたりカールが緩んでくるなどしますよね。

ここで、ウィッグのストレートに飽きた、またはカールが緩くなってきてしまったという場合に綺麗なカールをつける方法をご紹介します。

使うのは地毛と同じようにカールアイロンを使います。
まずは基本中の基本ですが、アイロンを使えるのは人毛か耐熱ファイバーで作られたウィッグのみです。
耐熱か非耐熱なのかわからないという場合は、目立たない場所の毛を一本アイロンで熱してみて縮れるようなら非耐熱で何事もなければ耐熱ファイバーということになります。

人毛の場合は地毛の扱いとほぼ同じです。
霧吹きなどで軽く毛を湿らせ、少なめの毛束で丁寧に巻いていきます。
地毛で巻き慣れている人なら簡単にできるでしょう。
耐熱ファイバーの場合は型が付きにくいため、若干手間をかけて巻くことになります。
アイロンの温度はウィッグによって指定の温度がありますが、わからない場合は130~150度位で使います。
まずは毛を湿らせ少なめの毛束で好きな長さまで巻き、30秒ほどキープします。
アイロンを外したら、カールされ丸まったままの状態を手のひらに乗せ冷えるまで待つか、ダッカールなどで留めておきます。
全ての毛束が巻き終わり、完全に冷えたら完成です。

上手く巻くにはウィッグを装着しながら、またはマネキンに被せた状態で行ってくださいね。

Leave a Reply