ウィッグの装着法

 

ウィッグやカツラって被る、というイメージがありますが、

具体的にはどのように装着しているか知っていますか?

装着するウィッグの種類のよって、いろいろな装着の仕方があるんです。

 

男性の場合、専用の両面テープや接着剤を使用するほか、地毛に固定するストッパーや地毛と結びつける編み込み式などがあります。

コストを取るのか、装着のしやすさを取るのか、スポーツなどをするのかなど、それぞれの目的に合わせて装着しやすく、自然に仕上がる形を選ぶことをおすすめします。

 

 

一方で女性用のウィッグも様々な装着法があります。

女性用のウィッグは種類が多い分、それぞれ装着方法が違うので、一部を紹介します。

 

すっぽりとかぶるフルウィッグは、地毛が見えないように、ネットを装着します。地毛がロングヘアの方は三つ編みにしてなるべくタイトにまとめた状態でネットを被るようにしましょう。アジャスター付きのウィッグは事前に自分の頭のサイズにアジャスターを合わせておきましょう。あとは、ネットを被った頭にすっぽりとウィッグを被り、位置や地毛が見えていないか整えれば完成です。

 

前髪を残すタイプのハーフウィッグは、前髪以外の地毛を耳にかけ、境目の部分にコームを差し込みます。この時、浅く止めてしまうと、ウィッグがずれたり浮いたりしてしまうので、しっかりとコームを固定しましょう。

 

このほか、部分ウィッグの種類は様々ですが、地毛に固定するコームが付いているものや、地毛の上に巻き付けたりするだけの簡単にボリュームアップ出来るものも多数あります。どんなスタイルにしたいのか、地毛の髪質や自分の生活スタイルに合わせて、ウィッグの装着法も変えていくのがいいかもしれません。

Leave a Reply